トップページ > 支部だより > 下関支部

下関支部

2013年1月30日、下関市教育委員会が、白虎隊の会下関支部 吉井克也支部長から、白虎隊蘇生隊士「飯沼 貞吉」の生涯が描かれた書籍の寄贈を受けた。
(贈呈者)白虎隊の会下関支部 支部長 吉井 克也(受贈者)下関市教育委員会 教育長 波佐間 清

  下関市の記事 → こちら よりお読みになれます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2012年12月、吉井支部長より支部だよりが届きました。 

  支部長からの報告と新聞記事 → こちら よりお読みになれます。

こちらの記事もあわせてご覧ください → 山口新聞ニュースへのリンク

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

≪会津白虎隊士山川健次郎霊石安置除幕式≫

会津藩の白虎隊士、山川健次郎の霊石が10月20日長府功山寺万骨塔に安置されました。
その支部報告と、さらにその新聞掲載記事です。

  下関支部長からの報告と新聞記事 → こちら よりお読みになれます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

≪神戸岩蔵慰霊祭≫

1月29日の朝6時は、大雨。7時になっても雨。やっと8時に雨が上りました。
作業が始まった頃は、からりと晴れわたり、陽射しがお墓にあたると歓声がおきた。
「岩蔵さんが、よろこんでおられるね!」 と参加者全員で喜びあった。
滞りなく慰霊祭が終わった昼過ぎには、あたり一面真っ白な雪になりました。

朝の雨は、岩蔵さんの嬉し涙がなかなかとまらなかった様で、お昼までは道玄堂に眠る全員の御霊の喜びで、その後の雪は岩蔵さんのふるさと会津の雪景色になり、本当に不思議な一日でした。

ご協力いただいた皆様一人ひとりの情が岩蔵さんに通じた気がします。
心に刻まれた良い日になりました。
これからも8月2日の命日には、下関支部として毎年墓参りを続けたと思っています。

    下関支部 壱岐初枝 (代理投稿 桂小五郎)

  下関支部長からの報告と新聞記事 → こちら よりお読みになれます。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

≪お知らせとお願い≫

1 ) 白虎隊と長州藩士の秘話 楢崎屋敷物語
  山口県発 50歳からの人生満喫!応援マガジン「ぷち ふりしゅ」1月号に掲載されました。
  白虎隊士飯沼貞吉と長州藩士楢崎頼三の交響の物語が一層周知されると思っています。

  「白虎隊と長州藩士の秘話」→ こちら よりお読みになれます。

2 ) 2011年、新年早々の下関支部の活動
 ・ 旧会津藩士神戸岩蔵の墓地の修復作業(倒れかけた墓の修復と周辺の整備)
  合わせて墓前祭を行う。詳しくは活動後に報告します。
 ・ 神戸岩蔵に関する研修(長府東公民館)

  参考: 長府雑記長 会津の間諜・神戸岩蔵

3 ) 会員が発足当時の14人から3名増の17人になりました。

4 ) 神戸岩蔵に関する資料などがあれば、「下関支部まで」お知らせください。

  下関支部長 吉井克也 (代理投稿 桂小五郎)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

≪下関支部結成式≫

事務局長飯沼一元さん、京都支部の中村正さんを迎えて、2010-10-19下関支部で結成式を行いました。これは、飯沼貞吉と高見フサの史実関係、さらには回生後の初赴任が下関であった「不思議な縁」など支部設立の目的と高見家の伝承を後世に伝える為に、今後の活動を皆で誓い合った記念のアルバムです。当日の様子が、地元の山口新聞に大きく取り上げられ、さらに翌日行われた、功山寺万骨塔慰霊祭に長府藩士・三吉慎蔵と白虎隊士・飯沼貞吉の子孫が偶然にも同時に初参列した記事も掲載されました。

 尚、一部訂正あり  7ページの会員名簿  富永洋一 → 豊永邦一 の誤り
 会場:下関支部・事務局(創作料理・四季の味 小樽) 下関支部長 吉井 克也 (代理 京都支部長 中村)

アルバムは こちら ←別窓で開きます

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

≪下関支部発足会≫

下関支部 吉井支部長、壱岐副事務局長、等の準備万端の手配にて、「創作料理 小樽」で、下関市文化協会会長、下関市総合政策部、志士の杜常任理事らも駆けつけ、10月19日、総勢20名が参加して発足会実施。(白虎隊の会 下関支部 会員 14名)

白虎隊の会から飯沼さんが挨拶、京都支部として、中村も挨拶。志士の杜副会長の挨拶。
そして、下関支部長の吉井さんから支部規約などの紹介があり、懇親会へ進行。

第二部、懇親会では、参加者全員が自己紹介して親睦を深めました。
特に、下関支部は、飯沼貞吉を養育したとされる高見フサの子孫(吉井支部長、壱岐副事務局長)自らが、中心であり、また飯沼貞雄として初の赴任先が下関と関係が深く、飯沼さんが初めて訪れた2008年9月からいろんな交流があり今回の支部発足でさらに深まりました。

  代理報告 京都支部 中村

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

≪長府功山寺慰霊祭≫

2010年10月20日、長府万骨塔の60周年記念蔡に、正式に白虎隊の会として初めて参加。
当日は、下関副市長、長府博物館友の会会長、下関市教育委員、等も多数参加。
また、長野県上田市から、三吉慎蔵の子孫も初参加され、白虎隊士飯沼貞吉の子孫の飯沼一元さんと、 2人が同時に初参加と言う事で、多くのマスコミからも取材を受けるハプニングがありました。

長府博物館友の会 金田会長とは、式典の後、万骨塔の白虎隊霊石に関する情報交換や、今後の活動についていろいろと相談しました。
長府博物館友の会としても白虎隊下関支部を通じて協力していくとの力強いお言葉をいただきました。

  代理報告 京都支部 中村

inserted by FC2 system